キャシングベスト


「不動産担保ローン【DTS Investment】」詳細情報!

投稿者: , カテゴリー: 商品

 

 

巨額な融資が必要な場合、なかなか個人規模では実現可能であるのは常識ですが、不動産をお持ちの方の場合、不動産を担保に入れることによって、そうした状況を克服することも十分可能です。そこでここでは、不動産を担保に入れて高額の融資を受けたい人に適した「不動産担保ローン」のローンプランのご紹介になります。ここでご紹介するのは、「不動産担保ローン【DTS Investment】」という会社です。土地、店舗物件、マンション、一戸建て住宅など、かなり幅広い分野で対応している不動産担保ローンのサービスを展開しているということで、信頼と実績に関しては業界屈指と言っても過言ではないはずです。それでは、「不動産担保ローン【DTS Investment】」についての詳細情報を、以下にまとめてみたいと思います。

 

・事業形態・・・消費者金融系サービス

・対象者・・・満20歳以上で定期的に収入があり、返済能力があれば特に規定なし(主に20代~30代のサラリーマンが利用することが多い)1

・限度額・・・100万円~200億円まで

・審査スピード・・・不明

・融資スピード・・・不明

・金利・・・3.40%~15.00(実質年率)

・遅延損害金・・・賠償額の元本に対する割合で20.0%以内(実質年率)

・即日融資の可否・・・不明

・担保・・・抵当権、根抵当権、火災保険に質権を設定

・連帯保証人・・・個人の場合は不要、法人の場合は、代表者の連帯保証人が必要

・申込方法・・・フリーコール、ホームページ、FAX

・手数料・・・不要

・提携ATM・・・不明

・返済方式・・・元利均等、元利金一括、ボーナス併用、自由返済、元金均等

・返済方法・・・不明

・返済期日・・・不明

・返済期間・・・最長35

・最大分割回数・・・420

 

消費者金融「不動産担保ローン【DTS Investment】」は同じ不動産ローンの中でも、

無担保ローンや競売ローン、つなぎローン、リバースモーゲージ、おまとめローン(不動産担保/無担保)など、非常に多様な金融商品がありますので、上記不動産担保ローン以外のローンプランもご利用できます。

おまとめローンと上手に付き合う!一本化の3つの鉄則!

投稿者: , カテゴリー:

複数の借入れによる金利の負担は、おまとめローンの一本化で、軽減させていくことができます。ここでは、おまとめローンと上手に付き合っていくための3つの鉄則を伝授していきましょう。鉄則その1.まずは、借金体質にならないようにしていくことです。多重債務による生活苦、逼迫した家計の状況は、そもそも、借入れ体質からくるものなのです。おまとめローンは、この借入れ体質を改善させるために、毎月の支払いを一本化することをすすめているカード会社が増えているのです。契約された商品が、融資を沢山うけられるからといって、たくさん借りないようにすることです。必要最低限の借入れで、返済が終わったら、会社そのものを解約してもいいように、借入れ体質にはならないようにしましょう。鉄則その2.低金利を選びましょう。まず、おまとめローンで、毎月の返済が、以前よりも負担が軽減されるためには、低金利の商品を選ぶことです。金利の設定は、会社によって異なりますが、借りる金額にも変わってきます。ですが、できるだけ金利の低い会社で、必要最低限度の融資を受けることにより、以前の複数の借入れで返済していた金利よりも遥かに軽減できるはずです。そのためにも、できるだけ、金利が低めに設定されている商品を上手に選んで無理のない返済プランを立てることが大切です。鉄則その3低金利になるからと、大きな借入れをしないことです。さきほど、金利は、借入れ金額によって、金利が変わってくるとお伝えしましたが、確かに、融資額が大きいほど、金利も減ることは、事実です。ですが、融資額が大きいということは、すなわち、返済期間もそれだけ長くなってしまうということです。おまとめローンを現在数多くの提携銀行によるおまとめローンの商品としてすすめられている主旨というのは、あくまでも、金利の負担を減らすためにあり、融資を増やすためではありません。おまとめローンを上手に使えるようになるためにも、借入れ体質にならないように節度のある融資を心がけ、金利が低い商品を賢く選んで、必要以上の借入れをしないことが、今後のおまとめローンと上手に付き合っていく必要があるのです。

 

基準を知らずに申し込むな!審査の3つの大きな基準

投稿者: , カテゴリー:

おまとめローンは、普通のカードローンに比べて、高額な融資を受けるため、その分審査が厳しくなります。また、おまとめローンの審査に通りにくい人、落ちやすい人というのは、審査の大きな基準を理解していない人なのです。ここでは、審査の基準には大きく分けて、3つあるということを説明していきたいと思います。おまとめローンの大きな基準となるのは、まず第1に「年収」なのです。この年収とは、安定した収入を得ているのか、定職に就いているのかという判断基準になるものからとも考えられます。つまり、「おまとめローンで、大きな融資を受ける際に、この人は、毎月ローンを返済するための年収があるのか」という事になります。つまり、この年収をいくら貰っているかによって、いくらまで融資を受けることが可能なのか重要なデータとなるのです。そして、第2に「借入れ件数」ですね。この借入れ件数は、おまとめローンの審査の採否を決める大事な要素となります。審査で落ちる可能性が高い人は、借入れ件数によるブラックで、審査が通らない人達なのです。また、借入れ件数が4件以上ある人は、要注意です。たとえ、年収が多かったとしても、借入れ件数が多いと、融資の対象にはならないからです。最後に、おまとめローンの大きな基準となる第3の事柄とは、「クレジットカードヒストリー」といって、お客様信用情報です。このお客様信用情報は、お客様の氏名、電話番号、住所、勤務先、年収、お客様の残債金額、借入れ件数、毎月の返済がきちんと返済出来ているかどうかを一目で知ることのできる情報なのです。もし、このクレジットカードヒストリーに、事故記録(ローンの返済が3ヶ月以上遅滞)などがあると、おまとめローンの審査に通らなくなる可能性があるので、要注意です。また、属性に虚偽の申請や、離婚歴がある方、安定した収入や勤続年数が短い方は、クレジットカードヒストリーの内容に不利になります。以上の3つが、おまとめローンの審査で、大変重要な3点の基準です。
http://elliotthester.com/cashingjyouhou/promise/promiseomatomeloanshyousaijyouhou/

おまとめローンの審査!実は知られていない3つの真実

投稿者: , カテゴリー:

おまとめローンの審査において、実は、知られていない3つの真実が存在します。では、これらの事実を認識された上で、おまとめローンのお申し込みをされていくことも、方法のひとつですので、説明して参りましょう。その1「キャンペーンの時期は、審査が通りやすい」ということです。まず、キャンペーンを行なう時期は、ローン会社の営業社員にとって、新規の顧客契約者数を増やさないといけない会社のノルマが発生するので、会社側も、できるだけ多くの顧客を集めて、売り上げによる業績アップのために、キャンペーンを利用します。このキャンペーンをきっかけに、おまとめローンを申し込む顧客の拡大を図るために、審査が緩くなる可能性が高いのです。ですが、例外もあります。それは、「たとえキャンペーンの時期でも厳しい人には、厳しい」という事です。安定した収入を得ていない人や属性に問題がある人は、注意が必要です。その2「年度末は、審査が通りやすい」という事ですね。この年度末というのは、決算期に向けて、業績の上昇を狙っての、顧客獲得の増大の目的として、年度末におまとめローンの申し込みをすると、審査基準が多少なり通りやすくなります。その為、キャンペーンや年度末の時期は、会社の営業に対する顧客獲得へのノルマが与えられているため、比較的審査が緩くなるという傾向があります。その3おまとめローンの審査には、借入れ件数よりも、残債が重要なのです。つまり、おまとめローンの審査を行なう際には、お客様の信用情報により、与信がかけられます。その際に、借入れ件数よりも残債額がいくら残っているかで、審査の上では、とても重要になります。また、おまとめローンを実際に行なう際には、残債額が少ないところから返済し、徐々に、増大するごとに、完済が済んだら、ローンカードの契約を解除することです。これにより、借入れ件数も、残債額も減り、おまとめローンの審査にも通りやすくなることでしょう。

申し込むなら知って当然!おまとめローン申込みの3つのステップ

投稿者: , カテゴリー:

 

いくつかの借入れ会社を1つの債務へ一本化するためには、知っていても当然な事が最低3ステップあります。ステップ1は、ずばり、会社選定です。数多く存在するローン会社の中から、1社を選ぶ訳ですから、会社の選定は、慎重に行っていきたいものです。この際に、具体的にどんな風に会社を決めるかといいますと、やはり、借入れ限度額や、金利が自分に合っているかどうかということです。この会社選定こそが、これからのローンの返済ライフに大きく関わってくると思われます。限度額や、金利は然ることながら、電話のオペレーターの対応や、会社のメリットや、デメリット、また会社の評判なども、公式サイトによるレビューなどでしっかりチェックしておくと良いでしょう。ステップ2は、審査後の必要書類の準備です。手元には、運転免許証、または借入額によっては、所得証明書の提出を要求される場合もありますので、まずは、運転免許証などのご自分の身分が証明される必要最低書類などを用意しておきましょう。運転免許証がない場合は、パスポートや、健康保険証、住民票などのお客様の居場所が分かる書類を一通は用意しておきましょう。ステップ3で、いざ申し込みです。会社によっては、融資をお急ぎの場合は、店頭窓口に出向くといった方法もありますが24時間365日いつでも対応できるweb申し込みで、審査までスムーズに、そして審査結果もすぐに回答して下さる会社も増えてきていますので、嘘や偽りのない申請ではなく、正確な情報を入力しましょう。また、電話や、窓口対応での申し込みの方が安心できるという方なら、電話ですと、オペレーターの方がとても親切に対応して下さったり、店頭窓口に出向けば、その場でカードを発行して、融資を受けられるメリットがあるということが考えられます。会社選び、必要書類の準備、そして、実際の申し込みまでのステップで、複数の債務をまとめてすっきり一本化し、金利の負担を軽減して、ゆとりのあるローンの返済を目指していきましょう。

« 前のページ  »